2004年1月

1月5日 明けましておめでとうございます。
おせち料理は食べましたか?私は相変わらずいつもの屋台料理でお正月を過ごしました。バンコクでは各地でカウントダウンが行われ、私はチットロム伊勢丹前のカウントダウンに行ってきました。すごい人出で押しつぶされメガネが変形・・・。後ろの方にいた私は花火しか見えませんでした。でも最後に直径2メートルほどの幸せのエアーボール(?)が降ってきて玉ころがしに参加(?)しました。車両通行止めになっているスクンビットをボールを追いかけて走っていく人たち・・・面白かったです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
1月9日 バンコクの市場めぐり その1(全3回)
バンコクにはいろいろな市場があり、安くそしてかわいい雑貨や洋服がいっぱいで観光客に人気があります。バンコクで一番大きい市場は週末しか開かれないウィークエンドマーケット(チャトチャック)です。店の数は1万店舗以上。巨大すぎて1回で全部回ることは不可能ですが、セクション毎に売っているものが違うので、見たい物に焦点を合わせていくつかのセクションを重点的に回るのがいいでしょう。セクションは、小物雑貨類、若者向け、家具、アンティークもの、ペット、衣料、食品・・・これも数え切れないほどありますね・・・。暑くて狭くて、歩けないほどの人手の時もありますが、それが醍醐味ともいえます。でも、スリには十分気をつけたいですね。
1月13日 バンコクの市場めぐり その2(全3回)
今回はチャイナタウン(ヤワラー)の紹介です。大通りは香港さながら漢字の看板が並びます。市場は小さい店の中にところ狭しと洋服やかばん、おみやげ、シルバー、アクセサリー、手芸用品、食料品(主にお菓子)などなどがおかれていますがどれもびっくりのお値段です。そんな店が道幅2メートルあるかないか・・・という道の両サイドに店が2キロほどに渡り連なっています。その中をスクーターや荷物を乗せた大きなリヤカーが走るのでとんでもないです。それに果物屋さん、お菓子屋さん、イカ焼き屋さん・・・とタイの屋台も往来するので何しろ狭く、歩くのも一苦労。立ち止まって商品を見るのもやっと・・・!!でもお菓子を食べながらぶらぶらするのは楽しいものです。
1月17日 バンコクの市場めぐり その3(全3回)
3回目は衣料市場の中でも安さを誇るボウベイプラザです。タイの伝統衣装のようなものから、T−シャツやアジアンテイストたっぷりなものまでたっぷりと堪能しましょう。ちょっと不便なところにあるのでBTSチットロムまたはラチャダムリ駅からタクシーに乗るか、バスでも一本でいけます。。ここはタワーになっていてクーラーが(すこーし)効いているのでチャトチャックの様に汗だくになることもありません。タワーの5階程までの広いスペースに山ほどの洋服・・・。しかも安い!どれにしようか迷ったら全部買っちゃいましょう。持ちきれないほどお買い物をしたら荷物をいっぱい乗せられるトゥクトゥクに乗って帰ります。
1月26日 乾季はもうそろそろ終わり・・・?
先日乾季に入ってから初めてスコールが降りました。そのあとは蒸し暑くものすごい湿度で折角乾いた洗濯物もなんだかしっとり・・・。最近は急な雨の日と乾いた風の日が順番にやってきます。一週間前よりだんだん暑くなってくるのを感じます。バンコクは確実に冷房が強くなって建物の中と外の温度差が激しくなっています。建物の中は凍える寒さ・・・。これからもっと暑くなったら冷房病に気をつけなくてはいけませんね。
1月26日 中国正月
タイには中国系の人が多いので中国正月を祝います。先週の中ごろは中国系の会社はお休みになって、イベントも開かれていました。オフィスの近くでも爆竹の音が派手に鳴り響いて、屋台も西暦のお正月より閉店しているところが多かったような・・・。チャイナタウン周辺もイベントが開かれすごい人手だったようです。どこの国の人も皆お祭り好きなんですね。
1月30日 鶏インフルエンザ
アジア各国に広まっている鶏インフルエンザ・・・。終にバンコクでも感染者が出てしまいましたね。生の卵は食べないようにとの警告も有りました。 屋台の状況はと言うと・・・タイ人の好物「カオマンガイ(鶏肉をのせたご飯)」のお店は閉店、おかず屋さんのメニューからも鶏肉は少なくなって、普段は鶏なのに、豚に代えられているメニューもありました。なんだかちょっと寂しい雰囲気です。カオマンガイの復活はいつになるのでしょうか。。。



トップに戻る
  戻る  2003年12月
 2004年2月